Wisebitcoinの法人口座を開設するために必要なもの

Wisebitcoinとは

暗号通貨FXを提供している海外ブローカー。プラットフォームにMT5を採用。両建て可、EA可と取引制限がないため幅広い取引を実現できる

Wisebitcoinでは法人口座を開設することができます。

個人ではなく、法人名義とすることで「経費として計上できる項目を増やせる」などの税制上のメリットがあります。

開設するためには法人として証明できる事が絶対条件です。サークルなどの集まりは法人として認められません。

必要な書類を提出後に審査→受理→口座開設となります。

法人口座開設の手順と必要書類をまとめました。

法人口座開設までの手順

公式サイトにアクセスして『Live口座開設』を選択。

公式サイト

法人を選択します。

※法人を選択して次に進めない時は、一度個人で口座開設後に法人手続きを行います。上の選択を個人にしておいてください。

以下、住所や名前など個人情報の入力をしていきますが、全て英語で入力します。

個人情報の名前は、必ず代表者など登記に記載のある方の名前を入力します。

住所は法人とした場合は法人の住所、個人とした場合は名前欄に入れた人の住所を入力します。

住所の英語化については下記サイトが役に立ちます。

住所を英語変換

口座開設が完了後、MT5のIDとパスワードが届きます。

マイページにログイン。

お客様サポートから『口座に関する問い合わせ』を選択して法人口座を開設したい旨を伝えます。

Wisebitcoinから連絡があり、必要書類の提出を求められます。

法人口座開設に必要な書類

必要書類は法人の身分証明書と居住地証明書の2つです。

原則、「発行日、発行機関名、法人名、代表名」が明確に記載されているものが必要です。

①身分証明書

6ヶ月以内に発行されたものに限る。登記簿謄本、事業許可証など。

②居住地証明書

3か月以内に発行されたものに限る。クレジットカードや銀行の明細書、 納税証明書、電話料金の明細書、 公共料金の領収書、 公的機関から発行された住所証明書、電話料金の明細書など

①と②の証明書は重複が許されていないのでご注意ください。

以上の書類をサポートに提出します。

その後、審査が入り問題がなければ法人口座の開設になります。