仮想通貨取引所のスプレッドを比較 最安で売買できる取引所を調査!

買い→111万

売り→110万

スプレッドは1万円です!

スプレッドとは買いと売りの差額の事をいいます。普通は買いの値>売りの値なので買ってすぐ売ったら損をします。

利益を出すには仮想通貨の価格が上昇して売りの値がスプレッド分を上回って初めて利益になります。

つまり、スプレッドが小さいほどユーザーは利益を得やすいという事になりますね!

為替相場と違い、仮想通貨市場のスプレッドは常に変動しており、取引所によって全然値が違ってきます。

しかしながらスプレッドの平均値をどこの会社さんも公表していないのが現状で

 

どこの取引所のスプレッドが小さいの?

 

と疑問に思う方も多いと思います。

今回はこの疑問を払拭すべく、APIを使って各取引所のデータをリアルタイム取得。最もスプレッドの小さい取引所を調査してみました。

スプレッド調査するにあたって

いくつか条件を設定した上で調査を実施。全取引所を調査したわけではありませんが、主要取引所は大方カバーしたはずです。

設定した条件

・ビットコインのスプレッド

・APIを提供している取引所6社が対象

・現物取引のスプレッド計測

・APIによる計測時間は15分毎

・調査期間は10日間

・gasを使いスプレッドシートにデータ蓄積

対象取引所はbitFlyer,quionex,zaif,bitbank,coincheck,btcboxの6社です。15分毎にデータを自動取得して10日分貯めました。

仮想通貨FXにも当然スプレッドはありますが、今回は現物取引のみ対象です。

取引所スプレッドランキング

個人的にかなり意外な結果に・・よくスプレッドが高い!高い!言われてるあの会社が最安スプレッドとは思いませんでしたね^^;

733円

1位 bitFlyer

スプレッド平均値は733円。最も安いスプレッド取引所はビットフライヤー!計測期間中の最大スプレッドは3082円、最小スプレッドは1円でした。

987円

2位 bitbank

こちらも平均が1000円を切る抜群の安定感。取引高が大きいところは安定してます。計測期間中の最大スプレッドは7744円、最小スプレッドは8円でした。

1071円

3位 coincheck

お騒がせ取引所のコインチェックが3位。ここも元々大きいからなぁ~。計測期間中の最大スプレッドは3410円、最小スプレッドは1円でした。

1174円

4位 BTCBOX

他が高いときに安くて他が安いときに高いという謎の取引所が4位。計測期間中の最大スプレッドは7000円、最小スプレッドは-60円でした。唯一マイナススプレッドを記録。

1192円

5位 Zaif

安定しているときは安いが、サーバーの不具合なのか、たまに物凄く高い時がある。計測期間中の最大スプレッドは6355円、最小スプレッドは5円でした。

1230円

6位 QUOINEX

スプレッドランキングでは最下位だったものの、そもそもの価格が安いので他取引所と併用して使える。計測期間中の最大スプレッドは3967円、最小スプレッドは0円でした。

スプレッドが大きくなるタイミング

外国為替だと経済指標など、相場が急変動する時にスプレッドが大きくなりますが、仮想通貨にもその傾向はあります。

ただし、各取引所ごとに価格の動きが違うため、取引所全体の一貫性は見られませんでした。(暴落が起こればさすがに同期するでしょうが)

例えばビットフライヤーでスプレッドが3000円に広がっても、他取引所だと数百円とかそんなのがザラです。

ちなみに今回の計測期間中にZaifのサーバーが逝ってしまう非常事態が発生しました。時刻は2月22日の22時~24時あたりの2時間。その時の様子がこちら・・・

※今回のランキングではこの時間は計算から除外

背景黄色がzaifのスプレッド。あわや、10万に届きそうなスプレッドになっています。

サーバーに不具合があるときは下手に触らないほうが良さそうですね・・・・

ポイント相場のボラティリティによってスプレッドが変化
基本は各取引所ごとに異なる
サーバー不具合などのエラー時にはとてつもなく広がる

スプレッドデータ公開

ビットコインのスプレッドデータを公開。現時点でも計測中なので(ほぼ)リアルタイムにスプレッドが分かります。