仮想通貨で億り人は本当にいるのか?アンケート結果

ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰

「ビットコインで億った!」「仮想通貨で億り人量産!」

こんな話を聞くことがあります。本当なのでしょうか?

当サイトで第二回アンケート「仮想通貨で得た利益を教えてください」を開催。結果が出たのお知らせします。

結果!

1位マイナス

2位1000万円以上の利益

3位10万以下の利益

このようになりました・・・マイナス!やっぱり世の中そう甘くない!!

回答者データ

回答者のコメントはこちら

コメント

仮想通貨を最初はあまり信用していなかったけどやってて良かった!全額投資して1000万ぐらい稼げました!!(1000万超え)
一番上がってるところで購入してしまった(0~10万)
読み通りだった(1000万超え)
国内取引所の取引手数料(スプレッド)が、あまりにも高すぎるので様子見。通貨によってはスプレッド20%で往復5回取引すると、通貨の100%損失と同じになる計算。デイトレしたら取引所に仮想通貨寄付するのと同じソフト詐欺状態。儲ける気で寄付!(0~10万)
高騰で乗り遅れ→買い暴落で困惑→売りこれでマイナス20万やで(マイナス)

回答者の年齢はこちら

主に20代から30代の人たちが取引をされているようです。損益の割合は以下の通り。

損している人が4割。これを多いと見るか少ないと見るかは人それぞれですが、投資歴10年の私から言わせてもらえば

ウッソだろ・・・

投資の世界で6割が勝つなんて仮想通貨以外に考えられません。株でせいぜい3割、FXでせいぜい1割がいいところなはず・・仮想通貨は6割の人が利益を得ています。

利益の割合で一番多いのが1~10万と小額が多数派ですが、特筆すべき点は1000万以上の利益を出している人が14.5%いることです。

いや、やればみんな利益を出せるとは思ってませんよ。

恐らく大金を得た人たちは初期の頃に始めた方々ばかりでしょうから・・

少なくとも仮想通貨FXが流行る前の時期ですね。現物取引が主流の頃・・2017年初頭までは本当に良かったです。。。(遠い目)

なお、今回のアンケートで「億り人」はいませんでした。

アンケートの母数が少ないのもありますが、そうそういませんよねw

仮想通貨の今後

ビットコインの損失やばい・・

絶賛暴落中だぞw間に合わなくなる前に手仕舞えww


間に合う、間に合わぬは問題でないのだ。人の命も問題でないのだ。私は、なんだか、もっと恐ろしく大きいものの為に走っているのだ。


どうした・・お前・・

以前と比べて世間一般で知られるようになった仮想通貨は終わりなのか?

いや、まだ終わりではありません!たぶん・・

世間一般で仮想通貨の話題が出るともう終わり。CM打たれるようになると終わりという風潮はありますが、

仮想通貨はまだ始まったばかり

法整備もまともにされてないですよね?このようなある意味カオス状態にある通貨はまだまだ上昇する可能性を秘めています。

ビットコインが誕生した頃、某掲示板で時折ビットコインスレッドが立てられていました。半信半疑どころか全否定する人が多かった印象。

ところがその数年後に時価総額が20兆円、1ビットコインが200万円に到達するだなんて誰が予測できたでしょうか・・先の事なんて分からないんです・・

現時点で確実にいえる事

仮想通貨は始まったばかり

法整備が追いつかない

ブロックチェーン技術の有用性は確かなもの

現在100万円を切るぐらいに落ちてきたビットコインですが、1日に20%の値幅で動くことがまだまだあります。成熟した市場ではこんな値動きありえません。

未成熟だからこそ利益のチャンスがあるのです。

もちろん成熟する前に消える可能性もあります。投資とはそもそもリスクを負うもの。現時点でこれほど魅力的なリスクの負い方は他にありません。

いまから仮想通貨で利益を出すには?

現物取引がまだまだ主流です。ユーザー同士で売買して利鞘で稼ぎます。回答者のコメントにもあったように国内取引所のスプレッドや手数料が高くて思ったより利益を出せないという意見もあります。

現物取引で稼ぐなら

手数料の安い取引所を選ぶ

今後伸びる可能性のあるアルトコインを扱っている

取引所選びで重要なポイントになります。

国内取引所で最も手数料が安いのは恐らくZaifです。

Zaifではビットコイン現物取引の手数料にマイナス手数料を導入しています。注文を入れると手数料を払うのではなく逆に貰えます。

そして本気で現物取引でトレードをしたければ海外取引所で開設するしかありません。

香港にBinanceという取引高世界一になった取引所があります。

Binanceとは

手数料は約定金額の0.1%です。国内主要取引所とのビットコイン手数料比較

取引所 Binance ビットフライヤー Zaif QUOINEX DMM Bitcoin
手数料 0.1% 0.01%~0.15% -0.05%~-0.01% なし なし

あれ、別に安くないじゃん?

では、アルトコインで比較

取引所 Binance ビットフライヤー Zaif QUOINEX DMM Bitcoin
手数料 0.1% 0.2% 0~0.3% 0.25% なし
アルトコイン種類 110種以上 2種 14種 7種 1種

手数料が安いだけでなく取扱い通貨が110種類以上!

ビットコインだけの取引なら国内業者で条件のいいところはありますが、アルトコインを扱うなら圧倒的にBinanceの方が有利なんです。

また、Binanceでは手数料をBNBという仮想通貨で支払えば50%オフ。つまり一律0.05%まで下げることが可能です。

BNBを使って手数料を下げよう!

「本格的に現物取引をしたい」「将来伸びそうなアルトコインを売買したい」

と思うならBinanceなどの海外取引所を使った取引は必須ともいえます。

仮想通貨FXが流行

近年仮想通貨FXが流行っています。現物取引と違って長期保有ではなく、短期的に売買を繰り返し利鞘を得る取引スタイルです。

レバレッジを掛けられるので少ない資金で取引できるのが人気の理由です。

例えば1ビットコインが100万円の時に1ビットコイン欲しければ当然100万円が必要になります。しかしレバレッジ10倍のFXだと10万円の資金で100万円分のビットコインの買いポジションを持てるのです。

ポジションをつけたのには理由があります。

FXでは実際に仮想通貨を保有しません。

つまり自分のものではないのです。あくまで100万円分の買いポジションになります。

しかしながら利益の出し方は同じ。100万円から110万円に価格が上がれば現物でもFXでも利益は10万円です。

国内でビットコインFXを扱っている主要な業者のレバレッジは以下の通り

取引所 GMOコイン ビットフライヤー Zaif QUOINEX DMM Bitcoin
レバレッジ 25倍 15倍 25倍 25倍 5倍

どこの会社も25倍が限度です。国内業者においてはレバレッジ規制が掛けられているのでこれが限界です。

レバレッジ取引をする上で気をつけないといけないことがあります。追証です。

追証とは相場の急変動時に思わぬ損失を被って口座残高がマイナスになること。いわゆる借金を背負った状態になる可能性があります。

業者によっては追証なしのシステムを採用している業者もあるので、余計なリスクを負いたくない方はそのような業者を選ぶようにしましょう。

現在、国内取引所で追証なしの業者はZaifGMOコインです。

また、より高いレバレッジで取引したいのならBinance同様、海外取引所で取引するのも選択肢です。

海外業者のBitMEXではビットコインFXの最大レバレッジは100倍。追証なしの業者でもあります。

BitMEXとは

金融庁の検討会で国内業者のレバレッジ10倍規制の話も話題になっています。今後、レバレッジを生かした取引をしたいユーザーは海外業者を使う傾向になっていくと思われます。

オススメの取引所一覧
評価
取引方法 現物・販売・FX・先物
bitFlyer

いわずと知れた国内最大のビットコイン取引所。取引はFXや先物など幅広く対応。コールドウォレット保管、マルチシグに対応。二段階認証ユーザーに対して最大500万の盗難保証など、セキュリティ・保証面もバッチリ。

評価
取引方法 販売・FX
DMM Bitcoin

取引方法は販売とFX。FXではビットコインだけでなくアルトコイン含む複数通貨に対応。レバレッジは最大5倍。入出金手数料はクイック入金で無料、出金も無料と他取引所に比べて安い。

評価
取引方法 現物
Binance

世界最大級の仮想通貨取引所。取扱い通貨数は110種類以上。ユーザーの投票によって上場通貨が決まる仕組みになっており、定期的に新興通貨が上場されています。

評価
取引方法 FX
BitMEX

ビットコインFXのレバレッジ100倍。アルトコイン先物のレバレッジ50倍。海外取引所ならではのハイレバレッジを提供しているFX専門の業者。