BitMEXにNinjaTraderを導入する方法

BitMEXは、独自のプラットフォームを採用しています。

一通りの分析はできるもののメタトレーダーのように細かい分析はできません。物足りないのが正直なところ。

実はMT4/5並に相場を分析できるツールがあります。

それがNinjaTraderです!

BitMEXはNinjaTraderの提携業者です。BitMEX内の通貨レートはもちろん、チャート表示・分析、板情報などのデータを取り組むことができます。

さらにはバックテストまでできる優れもの!

相場を分析するには最高のツールです。今回はNinjaTraderの導入から基本的な使い方を紹介いたします。

NinjaTraderとは

2003年に誕生したプラットフォーム。

この手のプラットフォームだとMT4/5といったメタトレーダーが有名ですが、NinjaTraderは先物に特化しています。世界中で4万以上のトレーダーに利用されている本格志向のプラットフォームです。

提携している業者のAPIからデータを読み込み、表示させることができます。

データ読み込み、表示などの基本的機能は無料で使えます。

注文を出すためには有料版が必要になります。

無料版でもメタトレーダーに匹敵するぐらい高機能なのでチャートソフトとしては十分!

今回紹介するBitMEXでは注文対応していないため、有料版はありません。あくまでチャートソフトとして利用することになります。

本格志向と言いましたが、難易度は確かに高めです。

独特のGUIに慣れないといけませんし、日本語にも対応していません。

しかしながら基本機能だけでも業者独自のプラットフォームより数段優れています。

NinjaTrader導入手順

導入までは3ステップ

BitMEXに登録

githubからZipファイル入手

Ninjatraderインストール

まずはBitMEXに登録します。登録に必要なのはメールアドレスのみです。

BitMEX公式

続いてgithubからNinjaTraderとリンクさせるソースファイルをダウンロードします。

BitMEX-NinjaTrader公開リリース

にアクセスして『Bitmex-Connect_v1.0.6.zip』をダウンロードしてください。

最後にNinjaTraderの公式サイトにアクセスしてダウンロード。利用条件はメールアドレスの登録のみです。

NinjaTrader公式

「You have free market data?」と表示されますが、今回はBitMEXのデータを使用するので「NO」で構いません。

ダウンロードするバージョンは『NinjaTrader8』です。

BitMEXと繋げる

インストールしたNinjatraderを起動させます。

初期の状態ではBitMEXと繋がっていない状態なのでさきほどダウンロードしたzipファイルを使いリンクさせます。

上メニューの『tools』→『Import』→『Ninja Script』からzipファイルを選択(解凍せずにそのまま)

完了後に再起動します。

接続設定に入ります。接続タイプは『Other』→『Connect』

接続画面が表示されます。(表示されない場合は上メニュー『connections』→『configure』)

BitMEXを選択してOKをクリック。

ユーザー名とパスワードは任意。「connect on start up」にチェックを入れておくと起動時に自動接続してくれます。

以上で接続は完了です!

NinjaTraderの基本機能

BitMEXで配信しているデータは以下の通り

・仮想通貨レート

・板情報

・チャート

・ホットリスト

・ニュース

・バックテスト

これらの配信データを利用して分析することになります。

仮想通貨レート

『NEW』→『Market Analyzer』から監視ペアリストを表示。

空のリストを右クリック

『Add Instrument』→『Search』

『bitmex』と検索をかければ一覧が表示されます。レートを表示したいペアにチェックを付けて『OK』

BitMEXの通貨ペア一覧が表示されました。リアルタイムで更新されます。

監視ペアリストは保存しておきましょう!

板情報

レートと同様に『NEW』→『Level Ⅱ』から右クリックで追加。複数通貨を表示させたい場合はタブを追加して登録します。

チャート

『NEW』→『chart』からチャートを表示。『Instruments』からペアを追加します。

インジケーターやトレンドラインなども描画できます。

ホットリスト

『NEW』→『Hotlist Analyzer』からホットリスト(取引高)を確認できます。

ニュース

『NEW』→『NEWS』からBitMEXの最新ニュースを受信できます。

バックテスト

『NEW』→『Strategy Analyzer』からバックテストが行えます。右画面からバックテストの設定ができます。

テストの結果から評価・分析もできます。

データはBitMEXのAPIから読み込みますが、リクエストには制限があり日付を広い範囲に設定すると重くなりますし、一度に読み込む回数も制限があります。秒足の分析にはあまり向きません。

各データは画像形式で保存やエクセル形式でのエクスポートが可能です。