【第一回】ビットコインの次に伸びる通貨は?

ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰

当サイト第一回アンケート「ビットコインの次に伸びる仮想通貨はなんだと思いますか?」を開催。結果が出ましたのでお知らせします。

1位 ネム(XEM)

2位 リップル(XRP)

3位 イーサリアム(ETH)

このようになりました。さすがにビットコイン2.0といわれる仮想通貨だけあってみなさんの期待値の高さは凄かった!ボク個人はリップルが1位じゃないかと思っていたのですが・・

ネムと言えばカタパルト・・・カカカカカカタパルトってなんぞや!?

ネムってどんな通貨?

ネム(XEM)は2015年に生まれた暗号通貨です。上限発行枚数は90億でビットコインと比べたらかなりの量。初期の段階で発行上限に達しており今後通貨数が増えることはありません。

NEMと表記されることもありますが、NEMはブロックチェーン技術のことでNEMから生まれた仮想通貨がXEMです。混同しちゃいますね・・

基本的な仕組みはビットコインやイーサリアムと同じP2P技術を用いて作られていますが、ビットコイン2.0といわれるぐらい優れた機能を持っています。以下が主なものです。

①富の再配分

②EigenTrust++

③圧倒的なスピード

富の再配分

仮想通貨には中央銀行のような管理体制がありません。送金したり新たに作り出すときにはマイナーの存在がかかせません。ビットコインではマイナーへ富の集中が起こる可能性があります。

というのもマイニングや送金などの処理を行うには膨大な電力とコンピューターの性能が要求されます。

一般人はお金持ちの設備投資力にはとても及びません。必然的にお金持ちのほうに資金が流れていきます。

一方のXEMはPoIなるアルゴリズムを初めて採用した仮想通貨です。

「コンピューターの演算力」ではなく「XEM保有者の貢献度」が重視されます。重要度はXEM保有数や取引頻度などが考慮され、それに応じてマイナー手数料の分配が行われます。

単純に大資本だけにお金(仮想通貨)が集まらないカラクリが施されています。これらはマイナーの話ですが、大資本によるマネーゲームの抑止力にも繋がるので単純に取引目的で売買するボクらにとっても意味のあることなんです!

ちなみにボクら一般人もネムの承認作業(ハーベストという)ができます!条件は1万XEM保有でnanowallet登録者です。

EigenTrust++

ノードの監視システムです。ネム独自のアルゴリズムで悪意のあるユーザーを除外することができます。

ビットコインのブロック承認作業は悪意のあるユーザーが紛れ込む可能性があります。他人のパソコンを無断で使用してマイニングや承認作業をさせる、「悪意のあるプログラム」を紛れ込ませることは十分可能です。

ネムではEigenTrust++という監視システムが常にユーザーの承認作業をチェック、スコア化しています。不正をしているユーザーは即座に除外させます。

つまりハッキング対策に優れた通貨がネムなんです!

圧倒的なスピード

ブロック生成機能がめちゃ早いです。ビットコインは10分に1回、ネムは1分に1回。ブロック生成を通して送金などのネットワーク間移動がなされます。ネムの送金スピードがいかに早いか分かるかと思います。

さらにネムはカタパルトというアップデートが今後予定されています。主目的は処理能力の向上。これがNEM上で実装されれば、よりスピーディーなXEMが実現できるわけです。

NEMの将来性

アンケートで以下のようなコメントが多くよせられました。

コメントネム開発は取引所の上場急げよ。ガラパゴス通貨になってなきゃ、今頃3位だよ
実用化されれば高騰間違いなし
カタパルト実装へ期待

XEM現在のチャートはこんな感じ

2017年から物凄い上昇です。上場している主要取引所はコインチェックZaifのみでまだまだ少ない印象。それでもなお、これだけの躍進を見せているのは逆に凄い・・大手取引所のビットフライヤーで上場されるのではないか?という噂もあります。今後、取扱取引所が増えれば自然と価格も上昇してくるものと思われます。

カタパルト

そしてなかでも最も回答が多かったのがカタパルトの実装です!まずはこちらをご覧ください。

これはZaif運営のテックビューロ社が立ち上げたmijinという製品のPR動画です。

要するに企業や銀行の台帳管理システムにブロックチェーンの技術を流用「セキュリティ向上」「処理能力の向上」「コスト削減」を実現!!

システムの基幹部分をブロックチェーンにて運用というこれまでにない取り組みです。

mijinプロジェクトの第二段がみんなが期待している「カタパルト」です。

じゃあ何が凄いの?

このプロジェクトにはNEMのブロックチェーン技術を使います。ベースの技術はNEMなんです!というのもmijinプロジェクトにはNEMの開発者が携わっています。

カタパルトでNEMの技術をアップデート→mijinが企業などで採用されNEMの評価が増す→相対的にXEMの価値が増す?

「相対的にXEMの価値が増す」

おそらく、この部分に投資家のみなさんは期待しているのではないでしょうか?ボクは疑いしょうなので絶対的に評価されるとは断言できません。というのも評価されるのはNEMという技術であって、XEMという仮想通貨ではないのでは?と思ったりします。

もし、より高性能な代替通貨が作られそれがmijin内で採用されたら??

なんて思ったりもします。しかし、現状断言できるのは

カタパルトのアップデートは2018年、NEMに

実装される!!

公式にアナウンスされています。アップデートが確定→NEMの性能が確実に上がる→価値が上がるプラス要因

この考え方は当然もってしかるべきです。マイナスの事を少し書きましたが、XEMがmijinで何かしらのシステムで採用されたら?アップデートで他通貨を凌駕するメリットを見出せたら?

期待感があるのは確かです。このように将来性を見据えてXEMを保有している人が大変多いと今回のアンケートから実感しました。

ちなみに現在、NEMが売買できる取引所は少ないです。一番のオススメはZaifです。現物取引の手数料もmakerはなし、takerも0.1%と激安で取引できます。興味のある方はぜひアクセスしてみてください。

Zaif公式サイト

他のコメント

他にも色々とコメントが寄せられました。

2位のリップルについては

コメント送金スピードが圧倒的。実務で生きる
仮想通貨で唯一使えそうな通貨
大企業が出資している安心感

3位のイーサリアムについては

コメント現状ビットコインとイーサリアムしか取引できるものがない
今年はイーサ元年となるからまー見ときな
格付け評価が安定しているから

その他

コメント日本発の仮想通貨、期待してる(MONA)
カルダノ(エイダコイン)!!
各国規制でもう無理やで。
ADAが面白い

などでした。現在、第二回のアンケート開催中!!ドシドシ回答をお寄せください!!

オススメの取引所一覧
評価
取引方法 現物・販売・FX・先物
bitFlyer

いわずと知れた国内最大のビットコイン取引所。取引はFXや先物など幅広く対応。コールドウォレット保管、マルチシグに対応。二段階認証ユーザーに対して最大500万の盗難保証など、セキュリティ・保証面もバッチリ。

評価
取引方法 販売・FX
DMM Bitcoin

取引方法は販売とFX。FXではビットコインだけでなくアルトコイン含む複数通貨に対応。レバレッジは最大5倍。入出金手数料はクイック入金で無料、出金も無料と他取引所に比べて安い。

評価
取引方法 現物
Binance

世界最大級の仮想通貨取引所。取扱い通貨数は110種類以上。ユーザーの投票によって上場通貨が決まる仕組みになっており、定期的に新興通貨が上場されています。

評価
取引方法 FX
BitMEX

ビットコインFXのレバレッジ100倍。アルトコイン先物のレバレッジ50倍。海外取引所ならではのハイレバレッジを提供しているFX専門の業者。