Kucoin(クーコイン)で草コイン探し 使い方を解説

Kucoinとは、香港で設立された仮想通貨の取引所です。

2017年開設と新鋭の取引所でありながら、取引高は世界有数のものになっています。

ポイント日本語対応

KCSで手数料カット

草コインが豊富

海外取引所でありながら日本語にも対応。

取引画面もシンプルで使いやすいため、仮想通貨の取引をしたことがある方なら違和感なくすぐに取引を始められます。

KCSとはKucoinの独自通貨です。

ビットコインやイーサリアムを入金すればKucoin内で購入することができます。

通常、現物取引をする時には約定額の数パーセントを手数料と支払います。手数料をKCSで支払うようにすれば、手数料を最大30%もカットすることができます。

Kucoinの取引手数料は0.1%ですので、実質0.07%で取引を行う事ができます。

Kucoinで扱っているコインの数は100種類を超えます。中でも草コインの数が目を見張ります。

草コインとは色物通貨とされる仮想通貨です。

価値を評価しづらいため、大きく変動したり消滅したりと扱いが難しいのが特徴ですが、Kucoinは「取り扱い通貨数をガンガン増やす」と公言している会社です。

そのため必然的に草コインの数も多くなっています。

Kucoinの特徴から手数料の仕組み、アプリの導入まで詳しく解説します。

Kucoinに登録

Kucoinの利用はいたって簡単。

必要なのはメールアドレスの登録のみです。

公式サイトにアクセスして『会員登録』

公式サイト

メールアドレス、パスワード入力後にメール認証を終えれば完了です。

続いて必ずやっておきたいのがセキュリティ対策です。不正なハッキングによる被害を食い止める為に二段階認証は必須です。

二段階認証する前に秘密鍵のバックアップは忘れずにやっておきましょう。

スマホを紛失したり破損したりした時にGoogle認証システムを復旧させることができます。

KYCの手続きをして出金限度額を上げる

メールアドレスのみの登録でKucoin内の全ての取引を行うことができます。

しかし、24時間以内の出金額に限度があります。

初期状態で2BTC/日が出金の限度です。一般ユーザーにとっては十分とも言えますが、これ以上の出金をするにはKYCの手続きを進めます。

KYCは企業が行う身分の確認作業です。

国内取引所だとセルフィーIDの提出を求められますが、それがまさしくKYCです。

マイページにログイン後、サイドメニューの『KYC』→『Individual Account』から行います。手続きには名前や住所の入力、身分証明書のアップロードが必要です。

Kucoinの現物市場

Kucoinは現物取引のみです。

取り扱い通貨数は128種類です。

そのうちBTC,ETH,NEO,USDT,KCSの5種類を基軸通貨としており、Kucoin内の取引は全て以上の5つの通貨とのペアとして成り立っています。

取引高が圧倒的なのはBTC関連のペアです。特にETH/BTCがKucoin内でもっとも取引が活発なペアになります。

続いてUSDT(テザー通貨)関連のペアが人気です。

KCSはKucoin独自の通貨です。ビットコインやイーサリアムを入金してKCS/BTC、KCS/ETHにおいて購入することができます。

持っているとかなり便利です。

取引手数料とKCSによる割引率

取引手数料はペアによらず一律0.1%です。

Kucoinの独自通貨KCSを使えばここからさらに手数料が安くなります。

KCSの保有枚数に応じて割引率が変わります。

現在は1000KCSに付き1%引きになっています。

2018年6月現在

1KCS=0.000373BTC

1BTC=75万円

なので

1KCS=280円

です。

1000KCS=28万円となります。

Binanceでも独自通貨を消費した手数料オフ制度を採用していますが、KucoinではKCSを保有しているだけで自動的に手数料が割引されます。

Kucoin内で長く取引をお考えの方は始めのうちに手に入れておく事をオススメします。

入出金の方法と手数料

入金手数料は無料です。

入金はマイページ上の『資産』→『入金』から行います。

アドレスもしくはQRコードを利用して送金元のアドレスに貼り付けます。

出金手数料は各通貨によって異なります。

以下ページで確認。

Fee

マイページ上の『資産』→『出金』から手続きを行います。アドレスには送金先の国内取引所もしくはご自分のウォレットのアドレス入力(※アドレス間違い注意)

Kucoin内の基軸通貨は

『BTC,ETH,NEO,USDT,KCS』

の5つです。売買する時には上のいずれかの通貨を持っておく必要がありますが、入出金に関しては上記通貨だけでなくKucoinで取り扱っている通貨が全て対象です。

ですのでオンラインウォレットとしてそのまま利用することもできます。

全部で100種類を超える仮想通貨を扱っているので入出金時のアドレス間違いが大変増えています。

入出金の時はアドレス間違いがないようご注意ください。

Webトレード

Kucoin内で取引を行う方法は2つです。

Webトレードもしくはアプリを利用します。

Webトレードにはログイン後、上メニューの『マーケット』からアクセスします。

プライスアクションのみの非常にシンプルに通貨ペアとレートが並んでいます。右の「購入、売却」からすぐに売買可能です。

さらに右の詳細の統計ボタンをクリックするとチャートや板情報を見ながら取引をすることができます。

注文方法はいたってシンプルです。

画面の買い板、売り板の情報を参考にしつつ買いたい(売りたい)価格と数量を入力して購入(売却)を押すだけです。

板に並んでいる価格で注文を出せば成行になり即座に約定されます。

尚、価格欄の青字は最も条件の良い売り価格(買い価格)です。

すぐに成行で売買したい時はこの青字をクリックして発注します。

板に並んでいない価格で注文を出すこともできます。これは指値注文といわれる予約注文です。

指定した価格で売買を行うため、同価格の逆注文がなければ約定されません。

ですので板が薄い(取引高が小さい)時は注文がスルーされることもあります。

アプリ

アプリはiOSとAndorid対応です。

公式サイトよりダウンロードします。

インストールができない方はスマホ設定の「Playストアではないアプリのインストールに許可する」にチェックを入れて再度やり直してください。