仮想通貨って何?

※ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰

仮想通貨って何?

2009年に誕生した仮想通貨第一号のビットコインは10年にも満たないうちに急上昇。現在の時価総額は20兆円台に突入しています。

ビットコインから派生したイーサリアムは14兆円、リップルが9兆円とビットコイン以外のいわゆるアルトコインも大きな時価総額に達しています。

2001年に起きたIT革命以来のITバブル!そんな見方をする有識者もいるほどです。

しかし、仮想通貨と聞いても一般の方はなかなかピンとこないのが現状。

このページでは今後、仮想通貨取引を始めてみたい!という方を対象に取引を始める前に最低限知っておきたい仮想通貨の基本をまとめております。

誕生

2008年にサトシ・ナカモト(正体不明)なる人物がインターネット上に発表した論文からビットコインが生まれました。これが最初の仮想通貨といわれています。

2009年にはネット上の有志が集まり、オープンソースソフトウェア上で運用を開始。最初は論文の検証ゲームのような感覚だったようです。初期にビットコインを大量に保有したユーザーは膨大な資産を有していると言われています。

その後、ビットコインのメリットが認知されてくると交換所や取引所が世界中で開設されるようになり、現在の活発に売買される通貨にまで発展しました。

マイニング

マイニングは採掘という意味です。ビットコインに限らず仮想通貨は世界中の有志によるマイニング作業を通じて生まれます。マイニングを成功させた者には見返りとして仮想通貨を保有する事ができます。一般人でも参加する事は可能ですが、莫大なリソースが必要なため個人で発掘できるレベルではありません。

現在はマイニング業者などが活躍しています。

主に中国にマイニング業者が集中しています。理由は簡単。電気代が安い!

24時間365日高性能コンピュータを回しっぱなしにするわけですから、個人でやる場合は採掘で得た利益-電気代などで赤字もあるようです。

また、仮想通貨は無限に生み出されるのではなく発行される量が制限されているものもあります。ビットコインはインフレ防止のため発行調整されており、総量は2140年までに2100万ビットコインとされています。

「仮想通貨」と「通貨」の違い

仮想通貨は海外では「暗号通貨」という呼ばれ方をします。こっちの方がイメージをしやすいかもしれません。

実際の通貨との違いは、「実態を持っているかどうか」

これだけです。仮想通貨は100円とか千円札みたいに財布にいれられるわけでなく、特殊な方法を除き全てネット上で電子的に保有します。例えば取引所で口座を開きビットコインを買い、保有したとします。その口座はあなたにとっての仮想通貨の財布のようなものでウォレットといいます。

仮想通貨はブロックチェーンという技術を使い、全ての取引を台帳に記録しています。また、その技術を破るのは理論上不可能であり、暗号は絶対に破られません!この絶対的な条件があるからこそ実態を持たずにいられるわけです。

仮想通貨メリット

なぜ法定通貨ではなく仮想通貨なのか?

これは法定通貨にはない様々なメリットがあるからです。実態をもった通貨は日本銀行のような中央銀行に監視・管理されています。

取引する際にも銀行がワンクッション入ります。すると手数料が発生したり、手続きに時間が掛かったり・・

そういうデメリットがあるのですが、仮想通貨には中央銀行のような存在がありません!

つまり、仲介する銀行がないのでユーザー間で直接やり取りでき手数料を大幅に削減できるのです。これはこれまでの通貨にはない大きな特徴だといえます。

例えば日本→アメリカに送金する場合、国内銀行と海外銀行が仲介に入ります。仮想通貨なら日本人→アメリカ人のように直で送金できます。それも即時に!

このように瞬時に国の垣根を飛び越えられるのも、これまでの法定通貨より圧倒的に利便性があるといえます。

仮想通貨が使用できる場所

送金

上で説明したように送金に使えます。国内外問わず、瞬時にかつ手数料も割安なために今後さらに普及するものと思われます。

買い物

ネットショッピングを中心に仮想通貨が使えるところが増えてきています。動画配信、通販サイトのDMM.comや大手家電量販店ビックカメラでもビットコイン決済を始めました。

また、飲食店や美容室、宿泊施設でもまだ少ないですが着実に決済できる店舗が増えてきています。今後に期待しましょう。

こちらのサイトで使える店舗を随時更新されております。ご参考に

日本のビットコインが使えるお店

仮想通貨はどうやって手に入れる?

保有方法はいろいろあります。ずらーっと例を挙げると

  1. 販売所・取引所で買う
  2. マイニングをして発掘する
  3. 知り合いから貰う
  4. アンケートに答えて貰う

色々方法はありますが、主にこんな感じかと思います。一番早いのは①の販売所や取引所で直接買うのが手っ取り早いです。②のマイニングは数年前はともかく現在は敷居がかなり高いです・・④にあるように無料でビットコインを得る方法もあります。

モッピーのようなポイントサイトでアンケートに答えるとポイントが貯まります。たまったポイントを使ってビットコインと交換ができるようです。

本格的に仮想通貨取引を始めたいなら

取引所の口座開設が必要になります。ビットフライヤーやコインチェックのような取引所ではビットコイン以外のアルトコインも大量に扱っており、多くの仮想通貨取引が可能です。

他トレーダーとの直接取引である現物以外にもFXや先物など幅広い取引方法があり、現在活発に取引が行われています。

参考:仮想通貨取引方法は「FX・先物・信用・現物・販売」の5種類!

本格的に仮想通貨を始めたいならまずは取引所で口座を開設して現物取引をやってみることをオススメします!

参考:定番!間違いない仮想通貨取引所選び

オススメの取引所一覧
評価
取引方法 現物・販売・FX・先物
bitFlyer

いわずと知れた国内最大のビットコイン取引所。取引はFXや先物など幅広く対応。コールドウォレット保管、マルチシグに対応。二段階認証ユーザーに対して最大500万の盗難保証など、セキュリティ・保証面もバッチリ。

評価
取引方法 販売・FX
DMM Bitcoin

取引方法は販売とFX。FXではビットコインだけでなくアルトコイン含む複数通貨に対応。レバレッジは最大5倍。入出金手数料はクイック入金で無料、出金も無料と他取引所に比べて安い。

評価
取引方法 現物
Binance

世界最大級の仮想通貨取引所。取扱い通貨数は110種類以上。ユーザーの投票によって上場通貨が決まる仕組みになっており、定期的に新興通貨が上場されています。

評価
取引方法 FX
BitMEX

ビットコインFXのレバレッジ100倍。アルトコイン先物のレバレッジ50倍。海外取引所ならではのハイレバレッジを提供しているFX専門の業者。

この記事が気に入ったら、
いいねをよろしくお願いします!

フォローする