仮想通貨取引を始める前に知っておきたいリスク一覧

ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰

仮想通貨はこれまでの株やFXと違った仮想通貨特有のリスクがあります。

例:ハッキング、ネットワークリスク、誤送金(送金Gox)

歴史が浅いことから考えられるリスクもあります。

例:法令、取引所破綻

ここ最近は信用取引や先物、FXにまで取引幅を広げており、取引方法によって異なるリスクも含んでいます。

例:ロスカット、追証

仮想通貨取引が熱気を帯びている中、リスクを理解しないで取引をしている人も結構いるのでは?

仮想通貨取引を始めるに当たって理解しておきたいリスク一覧をまとめました。

ハッキング・盗難リスク

まず始めに一番これが思い浮かびました。つい先日の話だとコインチェック社がXEM盗難に遭う事件がありました。残念な事に世界最大の仮想通貨盗難事件になってしまいました。コインチェック事件として今後も語り継がれるでしょう・・

それはともかく盗難被害に遭った原因は

1、ホットウォレットで保管

2、マルチシグを導入していなかった

要はセキュリティ体制の不備ですね。

ホットウォレットはネットワークに繋がった環境でコインを保管。それに対して外部ネットワークとは切り離した環境で保管することをコールドウォレットといいます。

マルチシグとは「電子署名を複数人で行います!」という意味です。署名には秘密鍵が必要で、それを複数人が分散して持ち合うことでセキュリティを高めます。それに対してシングルシグというものがあります。これはその名の通り、秘密鍵を持っているのは1人になります。

簡潔に言うと

金庫のカギを1人が持っているのと、3人が持っているのでどっちが安全か?

って話です。

ちなみにシングルシグかマルチシグか調べる方法があります。例えばビットフライヤーのBTC入金画面からアドレスを見てみます。

 

 

始めの数字が3になってます。これ、マルチシグです。

次にZaifからアドレス取得

 

 

始めが1。こいつがシングルシグです。

マルチシグはウォレットごとに設定する必要があります。なので、ビットコインはマルチシグだけどイーサはシングル・・って事もありえます。個人的にマルチシグ導入うんぬんよりコールドウォレット管理をしているどうかに着目したほうが良いかと思います。マルチシグは運用の仕方が明示されていないため、外部の人間から見たら分かりにくいので・・両方に対応している取引所は以下の通り。

取引所コールドウォレットマルチシグ公式サイト
bitFlyerリンク
QUOINEXリンク
bitbankリンク
GMOコインリンク

アカウントに不正にログインされる悪意のあるハッキングに対しては二段階認証が有効です。二段階認証とは、パスワードとは別にセキュリティコードを発行してログイン時に求めるシステム。

パスワードの二重化ですね。

セキュリティコードはその都度違うのでセキュリティレベルをグンッと上げられます。多くの取引所で採用しています。二段階認証アプリもいろいろあります。有名なものは

・Google Authenticator

・Authy

・iij SmartKey

一番使われているのはGoogleの認証アプリです。ソート機能がない、バックアップ機能がないなど他のものに比べたら使いづらいですが、Googleブランドの信頼度で利用されています。スマホの機種変更時は、データ移行をする必要がありますがこれがまた面倒。

Authyとiij SmartKeyはバックアップ機能も付いたアプリです。

二段階アプリの設定については以下を参考

絶対にやっておきたい二段階認証

 

ポイントコールドウォレットに対応した取引所がベター

二段階認証は必ずやっておく!

価格変動・流動性リスク

これは取引する上での注意点そのものです。仮想通貨は価格変動率が20%を超える事もしばしばあります。

短時間に200万→160万に下落。200万→240万に高騰。普通にあります。

下手すれば100%の変動を見せるときもあります。これは仮想通貨市場特有です。

例えば為替相場で120ドル/円が短時間で90円台突入!

なんてことは99.9999%ありえませんよね?

こんな動きが頻繁に起こるのが仮想通貨市場です。

上のチャートを見ると2018年1月15日~18日の間に半分近くまで下落しています。この間に反発すると思って買いポジションを持った方々は大損したことでしょう・・・

じゃあリスクを抑えるためにはどうするか?

 

損切りします。

 

というかこれしかない!現物でもFXでも損切りの設定はできます。損失を膨らませないためにやっておくのがベターです。

しかしタイトルに「流動性リスク」と書きましたが、損切り設定しても約定しなければ意味がありません。

損切りには2種類あります。指値と成行です。

取引は原則、買い手と売り手の2者があって成り立ってます。重要と供給のバランス、取引板見れば一目瞭然ですが、当然のことながら売りたくても買い手がいないと売れません!

指値で損切り設定をいれておくと指定した価格でしか売れません。

つまり買い手がいなければ注文がスルーされてさらなる損失が膨らんでいくわけです・・

そこで成行を使います。

これは「安くたっていいから売らせてくれ!」って事です。すぐに売れますが、下落時はガッツリスベリます。要するに120万で売りの注文入れても119万ぐらいで約定されます。

 

ポイント損切りは基本中の基本!

急ぎの時は成行 基本は指値で損切り!

FX・先物・信用取引のレバレッジリスク

これらは全て証拠金取引といわれる取引です。ここ最近ずいぶんとシェアを拡大しています。現在、ビットコイン取引の80%はFXによるものです。レバレッジを使えば入金した金額以上の取引ができるハイリスクハイリターンの取引です。

メリットは大きな利益が狙える事。デメリットはその逆で、大きな損失を被る可能性がある

って事ですね。

大きな損失は入金した額以上になる可能性もあります。つまり口座残高がマイナスになるってことです。これを追証といいます。

 

簡潔に言えば借金です。

 

この場合、取引所から追加の入金が求められます。

しかしこのようなケースはあまり起こりえません。というのも各取引所ではロスカットを設けています。

証拠金の維持率が一定パーセンテージになると強制決済して、損失がそれ以上膨らまないように予防線を張っています。

パーセンテージが高いほどより安全だといえますが、ポジションをギリギリまで持てないデメリットもあります。

ロスカットが発生するパーセンテージは取引所によって違います。また追証のあり、なしも取引所によります。主要な取引所では以下の通り。

取引所ロスカットが発生する証拠金維持率追証公式サイト
bitFlyer50%ありリンク
QUOINEX110%ありリンク
DMM Bitcoin80%ありリンク
GMOコイン75~80%なしリンク
Zaif30%なしリンク

追証はあまり発生しないといいましたが、相場の急変動時には注意が必要です。

約定のスベリの影響でロスカットラインを飛び越えて不利な約定が発生しやすくなります。

そのタイミングでハイレバ取引していれば、追証の可能性も十分ありえます。

 

ポイント損切りに自信がある人はどこでもOK

資金管理苦手な人は追証なし、もしくはロスカットライン高めの取引所

誤送金リスク(セルフGOX)

クラッキングされ盗まれることをGOX。誤送金することをセルフGOXといいます。例のMt.Gox事件が語源になっているようです。

 

このセルフGOXこそが仮想通貨を失う可能性が最も高い

 

本当です。ハッキングのリスクばかりクローズアップされていますが、送金ミスが仮想通貨を失った事例として一番多いです。

 

よくある事例

・アドレス手入力

・ネムやリップル送金時のメッセージ(タグ)付け忘れ

・通貨を間違えた

・対応していない通貨を送った

 

アドレス手入力は絶対厳禁です。コピペやQRコードで確実に送金するべきです。

ネムやリップルは送金時にメッセージやタグをくっつける必要があります。アドレスと紐付けされているため忘れているとGOXに

ビットコインとビットコインキャッシュを間違えて送った。これもよくある間違い。

そもそも対応していない通貨を送った。例えばビットフライヤーからDMM BitcoinにLSK(リスク)を送金してもDMM Bitcoinは取り扱っていないので受け取れませんね。

 

もしセルフGOXしてしまった場合は戻ってこないの?

 

ケースバイケースです。送金先の有無でだいぶ変わってきます。もし送金先のアドレスが存在していないアドレスなら、そもそも仮想通貨はどこにも届いていないことになります。

こういう場合は送り元のウォレットや取引所に問い合わせれば戻ってくるケースがあるみたいです。

しかし送金先のアドレスが存在する場合、送り元だけでなく送金先にも問い合わせる必要があります。送金先が海外の取引所なら返金させるハードルはかなり高いと思った方がいいです。

誤送金してしまった仮想通貨がどうなったか調べる手段があります。

ビットコインなら

BLOCKCHAIN

リップルなら

XRP CHARTS

アドレスを入力すればこれまでのトランザクションから送金履歴を確認できます。送金先の有無も分かるのでセルフGOX時には必ず確認しましょう。

 

ポイントアドレス入力はコピペかQRコード
XEMやXRPなどタグが必要な通貨に注意
GOXしたら問い合わせ

取引所倒産リスク

2014年マウントゴックスが巨額の盗難被害のため倒産しました。クラッキングによるものだけではなく、会社の財務状況の悪化、委託先の破綻、法規制の強化等によって取引所倒産は当然考えうることです。

 

では倒産した後に返金はされるのか?

 

これは正直分かりません。

どこの会社も分別管理という形で一応、顧客と会社の資金を分けてはいますが、倒産時の補償は何も明記されていないところばかりです。(ていうか明記されているところが一つもねぇ!)

現在のところ、信託保全を採用している会社は国内ではゼロなので会社の判断に任せるしかない状況です・・・

トレーダーのボクらがせめてできる事は会社選びを間違えないことぐらいです。

「ハッキング・盗難リスク」の項に書いたようにコールドウォレット、マルチシグなどのセキュリティ対策を施している事は必須として、会社の規模にも着目しましょう!

例えばDMM Bitcoinは上場の噂のあるDMMグループの取引所です。

どこの馬の骨とも分からない取引所と比較したら信頼できるのは一般的な感覚ですよね?

この感覚が絶対安心だとは言いませんが

 

得体の知れないところよりはいい!

 

どことは言いませんが、怪しいところは怪しいので・・・

あと見るべき点は資本金、提携している会社、取引高、仮想通貨交換事業者として登録されているか否か

会社の背景を見ながら取引所を選ぶ。これぐらいしかできることはないです。

 

ポイント会社の背景を見る
資金管理、セキュリティ、資本金、登録時業者かどうかチェックしよう

法規制リスク

個人的に一番恐れているのがこれ。法規制リスクです。

中国ではちょっと前から仮想通貨への取り締まりを強化。取引所だけでなくICO(仮想通貨を発行して資金集めをすること)も禁止されています。

中国国内の取引所は規制の及ばない香港に逃げていますね・・

韓国でも仮想通貨が問題視される報道がちょくちょく話題になっています。

そしてアメリカではTether(テザー)通貨を巡るBitfinexとテザー社の変な噂も流れています。これが最近の話題では一番ヤバイ・・詳細はググってください

 

海外に比べたら日本の対応は野放し状態

 

現状では、そうです。しかし、法規制によって状況が変わることはありえます。重要閣僚の発言だけで大幅下落の可能性、改正・規制による市場の根本的な変化。

悪くなっても良くはなりそうにない空気なのでここらへんのリスクも把握しておいた方がよさそうですよ。

 

ポイント仮想通貨の国内情勢はできるだけ把握しよう

その他のリスク

一通り書いたつもりですが、まだあったので追記で記載しておきます。

営業時間のリスク

24時間365日取引が基本だが、メンテナンス等の時間における価格変動リスク

ルール変更リスク

取引所のルール変更によるリスク。そうそうないでしょ?って思うかもしれないが、各取引所でのルール変更はしばしば行われています。bitFlyerLightningのSFD導入など

よくあるのが手数料率の変更。メールで通知しているところがほとんどだと思いますが

税制変更リスク

税率変更による税金リスク。割と現実的に行われそうなので怖い

天変地異によるリスク

もう、どうしようもない

オススメの取引所一覧
評価
取引方法 現物・販売・FX・先物
bitFlyer

いわずと知れた国内最大のビットコイン取引所。取引はFXや先物など幅広く対応。コールドウォレット保管、マルチシグに対応。二段階認証ユーザーに対して最大500万の盗難保証など、セキュリティ・保証面もバッチリ。

評価
取引方法 販売・FX
DMM Bitcoin

取引方法は販売とFX。FXではビットコインだけでなくアルトコイン含む複数通貨に対応。レバレッジは最大5倍。入出金手数料はクイック入金で無料、出金も無料と他取引所に比べて安い。

評価
取引方法 現物
Binance

世界最大級の仮想通貨取引所。取扱い通貨数は110種類以上。ユーザーの投票によって上場通貨が決まる仕組みになっており、定期的に新興通貨が上場されています。

評価
取引方法 FX
BitMEX

ビットコインFXのレバレッジ100倍。アルトコイン先物のレバレッジ50倍。海外取引所ならではのハイレバレッジを提供しているFX専門の業者。