圧倒的な取扱通貨数!コインチェックの口座開設方法

※ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰

日本の二大取引所の1つがコインチェックです。設立は2014年と仮想通貨取引所の中では古参の部類に入ります。取り扱っている通貨数が多く、取引高もかなりのもの。ビットコイン取引高はビットフライヤーと1位を常に争い続けています。

某有名人を起用したCMの影響で一般人にも名前が知れ渡ってきました・・

金融庁の登録はまだですが、みなし業者とされています。現在申請中なので近いうちに登録されるのは間違いないです。

特徴はユーザー数が多く取引が活発!現物取引手数料無料!な事、そして国内取引所屈指の仮想通貨数!

13種類の通貨を売買できるのはコインチェックだけ!現物取引、信用取引やるにしても面白いのがコインチェックです。ユーザー数が多いのも納得できる取引所です。

実施中キャンペーン

毎週総額20万円相当のビットコインをプレゼントで貰える「マーケットメイカー出来高ランキング」を実施中!

取引の出来高順位に応じて以下の額がビットコインで貰えます。

1位
100,000円相当のビットコイン
2位
50,000円相当のビットコイン
3位
20,000円相当のビットコイン
4位
10,000円相当のビットコイン
5〜6位
5,000円相当のビットコイン
7〜8位
2,500円相当のビットコイン
9位以下5名
1,000円相当のビットコイン

ちなみにとある週のランキングがこちら!!・・・上位は無理だ・・

コインチェック概要

運営会社 コインチェック株式会社
所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
資本金 41 億 238 万円(資本準備金含)
事業開始日 2014年8月
財務局ライセンス 申請中
資金管理 分別管理
対応プラットフォーム webトレード、iOS、Android対応のアプリ
取引形態 販売、現物取引、FX
取扱通貨(現物) BTC
取扱通貨(販売) BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XMR,REP,XRP,

ZEC,XEM,LTC,DASH,BCH

取扱通貨(FX) BTC/JPY
追証 あり。証拠金維持率50%でロスカット

取引形態

取引形態は販売、現物取引、信用取引、FXに対応。現在、信用取引では新規借入が停止しています。

資金決済法及び犯罪による収益の移転防止に関する法律の施行に伴う処置で2017年5月1日から停止したままです・・

なので実質、FXと現物取引、販売所になります。

現物・販売

販売所の通貨数は13と国内取引所ではトップレベルの豊富さ!

アルトコイン期待のリップルやネムも売買できますよ。時価総額が今後あがりそうなものをよくピックアップして上場させている印象を受けます。

スプレッドは(買と売の差)はまぁまぁといった印象。可もなく不可もなくといったところでしょう。

なお、現物取引はビットコインのみです。

販売所の取り扱い通貨は

BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XMR,REP,XRP,ZEC,XEM,LTC,DASH,BCH

です。(赤文字は管理人保有の仮想通貨です・・・あがれー!!)

FX(レバレッジ取引)

レバレッジは5倍。つまり1万円を証拠金として預ければ最大5万円の取引ができちゃいます。

レバレッジ15倍のビットフライヤーや25倍のZaifに比べたら物足りない印象を受けるかもしれませんが、FXに熱くなりやすい人にはちょうどいい水準かと思います。

スワップは高めな印象。買で0.04%、売で0.05%発生します。1日単位で掛かるので早めの決済をオススメします。

取引ツールのトレードビューで見るとズラーッと通貨ペアが出てきます。

なんとなく全ペアFXができちゃうように見えますが・・

できるのはBTC/JPYのみ

です。アルトコインはあくまで販売所のみでの取り扱いですし、Poloniexは海外の取引所です。参考価格程度に見ることしかできません。

口座開設する

入出金手数料

入金方法 銀行振り込み コンビニ・クイック入金
手数料 金融機関の手数料をトレーダー負担 3万円未満 756円

3万円以上50万円未満 1000円

50万円以上 入金金額×0.108% + 486 円

クイック入金はビットフライヤーなら一律324円なので高いですね・・本人確認が完了すればクレジットカードによるコイン購入もできます。デビットカードにも対応しているのでかなり便利!クレカの1日購入限度額は100万円です。

また、仮想通貨の入金も可能で通常版と高速版(ビットコインのみ)があります。通常なら手数料無料で高速なら0.002BTC掛かります。

出金手数料は金額によらず一律400円。仮想通貨の送金は通貨ごとに異なります。

コインチェックは入金が高く、出金が安い業者といった印象

コインチェック口座開設手順

コインチェックは認証レベルに応じてサービス内容が異なります(どこの業者もそうですが)

メールアドレス登録で仮口座→本人確認手続き完了で取引口座の流れは他業者と共通。

始めにコインチェックのサイトにアクセスして、「ユーザー登録」にメールアドレスとパスワードを入力してください。

口座開設する

登録したアドレスに認証メールが届くのでリンクをクリックして認証します。以上で仮口座作成は完了です。ログインできるようになったので試しにログインしてください。

まだ、機能の一部しか使えません・・本人確認書類を提出してすべての機能を利用可能な状態にしましょう!

コインチェックでは電話番号認証が必須作業になります。番号を入力→SMSで認証コードが送られてくるので、数字を入力して完了させます。

続いて本人確認書類のアップロードをします。

審査に1~2営業日、ハガキ郵送に遅ければ1週間程度掛かります!早めの登録を!

住所等を入力後に送信フォームにて提出しますが、アップロードできる書類は運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど写真付きの物のみです。また運転免許証は裏面の画像も必要です。

IDセルフィーといった本人が提出書類と一緒に移った写真のアップロードも求められます。かなり厳格に本人確認しているようです・・

なにはともあれ以上で申請は終了です。後日、ハガキが届きます。簡易書留ですので、受け取るだけで住所確認は完了です!あとは、セキュリティを強固にするために二段階認証は必ず設定しておいてください。

口座開設する

実際に取引するには

「コインを買う」「コインを売る」から販売所にアクセスできます。売買の相手はコインチェックになります。

取引所でビットコインの現物取引ができます。また、トレードビューに入りチャートを見ながら現物取引も可能です。

コインチェックでFXをするには資金の振替が必要になります。日本円の入金完了後に取引口座→レバレッジ口座に資金を移動させます。

この口座に移した資金が証拠金になります。注文は取引所またはTradeViewで行えます。取引所は板なので分析しずらいですが、TradeViewならチャート図になっているので値動きの予測がしやすいです。

おわりに

コインチェックの面白い取り組みを紹介します。

「でんき」

コインチェックは取引所としての事業だけでなく電気関係の事業にもチャレンジしています。電気料金をビットコインで支払いしたり、通常の支払いでビットコインが貰える付与プランなどを提供しています。

大手電力会社と契約するより1~7%電気代を節約できるのもメリットです。

実際の電気販売業者はイーネットワークシステムズで、コインチェックはこの会社と業務提携することでこのようなサービスを実現しているようです。

対応地域は北陸電力、四国電力、沖縄電力、その他離島以外の地域になります。

ビットコインを投資だけでなく、実社会で流通させる取り組みはなかなか面白いですね!
口座開設する