ビットコイン取引高日本一のbitflyer(ビットフライヤー) 口座開設から取引方法まで解説

※ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰

はじめての仮想通貨取引所・・どこにすればいいか分からない・・

そんな方にはビットフライヤーをオススメします!

金融庁の仮想通貨交換事業者に登録され2014年から運営されているパイオニア的な存在。ユーザー数が多く、ビットコイン取引高は日本一!トレーダーが少ない取引所なら売買が成り立たないという事もあり得ますが、ビットフライヤーならそんな心配は無用です。

基本の現物取引から先物・FXにまで対応。取扱通貨もビットコインを始めイーサリアム、ライトコイン、モナコインなど定番の通貨を多く売買できます。

セキュリティ機能・管理も万全で顧客資産保全のために大手保険会社に加入。万が一の事態に最大500万円の補償。保証内容を明記している取引所が少ない中、ビットフライヤーは明確に明記しています。

ビットフライヤー概要

運営会社 株式会社bitFlyer
所在地 〒107-6208 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
資本金 41 億 238 万円(資本準備金含)
事業開始日 2014年1月9日
財務局ライセンス 関東財務局長 第00003号
資金管理 分別管理
対応プラットフォーム webトレード、iOS、Android対応のアプリ
取引形態 現物取引、FX、先物
取扱通貨(現物・販売) BTC,ETH,ETC,LTC,MONA,BCH,LSK
取扱通貨(FX) BTC/JPY
追証 あり。証拠金維持率50%でロスカット

取引形態

取引形態は現物取引とFX、先物に対応。また、販売所でいつでも売買可能です。各取引のスプレッドは少し高めという評判が多いです。

現物・販売

取り扱い通貨の仕組みが少々ややこしいので解説します。

  • 現物取引ができるのはBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)の3種類
  • ETH、BCHの現物取引はbitFlyerLightningのみで可
  • ETH、BCHの現物取引はビットコイン建て(ETH/BTC、BCH/BTC)のみ
  • MONAやLTCなどの他アルトコインは販売所のみで取り扱い

分かりづれぇ・・・

表で見ましょう。

取引できる場所 対応通貨 備考欄
販売所 全通貨
取引所 BTC
Lightning BTC,ETH,BCH ETH,BTCは現物のみかつBTC建て

現物取引は「ビットコイン取引所」「Lightning 現物」の2通りの取引場所があります。前者は取引板のみで売買を行い、後者は精密なチャートを見ながら売買ができます。レートは同じなので好みに応じて使い分けてください。

アルトコインはETH,BCH以外、販売所での売買なので相手先はビットフライヤーとなります。また、ETH,BCHの現物取引を行うにはbitFlyerLightningからしかできません。さらにビットコイン建てなので前もってビットコインを購入するなどして保有しておく必要があります。

手数料はビットコインは金額に応じて0.01%~0.15%です。約定金額が大きくなればなるほど手数料は小さくなります。イーサリアム、ビットコインキャッシュは約定金額に対して一律0.2%です。

また、ビットフライヤーには1日の注文量に制限がありません!大口のトレーダーにはありがたいシステムです。

FX・先物

通貨ペア 最小注文単位 最大注文量 手数料 スワップ
BTC/JPY 0.001 上限なし SFD 0.04%/日

FXの通貨ペアはBTC/JPYのみ。レバレッジ15倍、ロスカット維持率50%とまずまずの環境かと思います。最小注文単位は0.001BTCからで小額から始められるのが嬉しい。

現在のビットコインレートは1BTC130万(2018/1/19)なので1300円から取引できる計算ですね。

手数料としてLightning FX SFDが2018年1月に導入されました。FXと現物の価格が10%以上乖離している時に手数料が発生します。

SFD率から計算されます。詳細は以下の通り。

価格乖離 SFD率
10%以上15%未満 約定金額の0.5%
15%以上20%未満 約定金額の1.0%
20%以上 約定金額の3.0%

手数料SFDの計算式は以下の通り

 SFD(円)= 取引数量 × Lightning FX 取引価格 × SFD 比率

トレーダー同士が手数料を負担することで価格を現物に近づけます。海外業者では割とある調整方法です。手数料はプラスもあればマイナスもあります。つまりSFDを払うだけでなく受け取ることもできるわけです。乖離状況によって異なるのであまり意識してもしょうがないですね^^;

SFDとは別にスワップポイントが発生します。

1日単位で発生する手数料で0.04%/日です。10万円の取引をしていたら1日に40円・・少ない金額と侮っていたら積み重なってそれなりの額になったりします。

FXでは長期保有せずに早めの売買をするのが良いかもしれません。

続いて先物取引

期限付きのFXと思っていただければ良いかと思います。

biFlyerLightningの上タブでBTC/JPY-12JAN2018とあるのが先物です。満期日(強制決済日)が12JAN2018という意味です。

FXと同様スワップポイントが0.04%/日発生します。通貨ペアはBTC/JPYのみです。

なお、先物は未来価格を取引するので現物レートに近づける必要がありません。つまりSFDは一切発生しません!

最高のセキュリティ

セキュリティ対策には特に力をいれています。「bitFlyer セキュリティ・ファースト」を宣言。内容は以下の通り。

セキュリティの重要性を常に認識し、各種法令・内部規程を遵守
CISOを中心としたサイバーセキュリティチームの導入
金融庁だけでなく米国の NIST800-30, ISO31000 等のガイドラインに基づいたライセンス以上のセキュリティ水準を維持
コールドウォレットと秘密鍵による24時間監視システムによる物理的セキュリティ対策
マルチシグによる複数の秘密鍵導入
2 段階認証の推奨
「サイバー攻撃」「二段階認証ユーザーの盗難に関する保障」に関する損害保険加入

なかでも損害保険加入は他の取引所でやっているところは少ないです。二段階認証ユーザーの被害に対して最大500万円の保証を明記しています。

入出金手数料

入金

銀行振込みとクイック入金に対応。クイック入金の手数料は金額によらず324円/件、銀行振込みは金融機関の振込み手数料のみユーザー負担。

クイック入金はネットバンク以外にもコンビニ支払い、ペイジーも使え24時間365日行えます。反映も即時なので一番オススメの入金方法ですよ

出金

出金方法は銀行振込みのみ。

ビットフライヤー提携の三井住友銀行の口座を持っていればちょっぴりお得です。3万円未満の出金で三井住友銀行216円、他行540円。3万円以上で三井住友銀行432円、他行756円になります。

他取引所を開設もしくはウォレットをお持ちの方はビットコインを送付することもできます。手数料は入出金ともに0.0008BTCです。現在レートだと100円ほどですね。

また、bitwireという独自の送金システムを設けています。ビットフライヤー内に口座をお持ちの方同士なら手数料なし、メールアドレスのみでビットコイン送金ができます。

ビットフライヤー口座開設手順

ビットフライヤーのアカウントにはクラスがあります。ウォレットクラスとトレードクラスです。メールアドレスの登録でウォレットクラス→本人確認手続きでトレードクラスになります。

ウォレットクラスは仮想通貨の売買はできなくて仮想通貨を保管したり、送付したりなど財布(ウォレット)のような位置づけです。

売買するにはトレードクラスにする必要があるので順を追って説明します。郵便物受取りによる住所確認も必要なので開設まで1週間程度が目安です。

始めにビットフライヤーのホームページに行き、「アカウント作成」にメールアドレスを入力してください。

口座開設する

するとキーワードが記載されたメールが届くのでキーワードをそのまま入力します。

以上でウォレットクラスになりました・・・はやッ!

右上の人型マークからウォレットクラスの利用可能サービス一覧を見る事ができます。まさにウォレット(財布)の機能そのものですね。

続いてトレードクラスになるために本人確認手続きに入ります。

ログイン後ページ下で現在の状況が分かります。赤枠になっているものをすべてクリアしないとトレードクラスになりません。面倒ですが1つずつ確認していきましょう。

まずは本人情報をクリックして住所や氏名などユーザー情報を入力していきます。終わりましたら本人確認書類の提出に移ります。ビットフライヤーに限らずどこの取引所を開設するにしても必ず必要な手続きになります。コピーに限らずスマホで撮影した写真などでも受理されます。

続いて取引目的の入力をします。

最後に郵便物の発送になります。ビットフライヤーの本人確認手続きが完了次第、簡易書留で送られてきます。本人が受け取る事で住所が間違いないとビットフライヤーが確認できます。

以上でトレード口座の登録は完了です!

といいたいところですが、もう少し掛かります・・・次にIDセルフィーと携帯電話認証そして銀行口座登録を行います!

5万円以上の取引するにはIDセルフィーは必須!

ビットフライヤーは一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)に加入しています。JBAとはブロックチェーン技術に関する協会で、取引所におけるガイドラインを設けています。

そのガイドラインは厳しく、資産保護、マネーロンダリング防止のために本人確認を徹底しています。

トレード口座の開設は完了しましたが、1日に5万円以上の取引をするにはセルフィーIDの確認が必須になります!

クレジットカードでの売買ができるようになるメリットもありますのでやっておきましょう。

マイページの下の方に以下のようなメニューが表示されています。

未入力になっているものをクリックして一つずつ完了させてください。

IDセルフィーはいわゆる「自撮り」です。登録者が本当に本人であるかを確認します。鮮明に映っている顔写真付きの身分証明書とご本人を一緒のフレームに収まるように撮影するだけです。なお、本人確認書類のアップロードで提出した身分証明書とは異なるものでも可能です。

次に携帯電話認証。これも簡単です。登録した電話番号宛にSMSを送信してもらいます。認証コードが届くので数字を入力して完了となります。

最後に銀行口座登録です。入出金に使う銀行口座を登録しておきましょう。必ず本人名義の口座を設定してください。

なお、Facebook連携はやらなくていいです。FacebookIDから簡単にログインできるメリットはありますが、FacebookのIDが流出・ハッキングされるリスクを考えたらむしろやらないほうが良いかと。スルーして構いません。

取引方法

以上の手続きが全て済んだらいよいよ取引の開始です!販売所で売買するもよし、ビットコイン取引所で取引するもよし、bitFlyerLightningで本格的に取引するもよし・・

FX取引では追証・ロスカットというシステムがあるので熱くなりすぎないよう、適度に冷静に取引してくださいね!

販売所

ビットコイン販売所とアルトコイン販売所の2種類あります。売買相手はビットフライヤーになります。

買いと売りの差額をスプレッドといいます。

相場のボラティリティによって変動します。通常は1BTCあたり3万円前後を推移していますが、できるだけスプレッドが小さい時に売買したいですね!

ビットコイン取引所

ビットコインのみ円建てで売買できます。売買相手は他ユーザーになります。取引板を見ながら注文を出し売買します。取引板の注文より乖離しすぎた注文は成立しませんのでご注意ください。

ビットフライヤーライトニングからも現物取引ができます。こちらは簡易的な取引所になります。

bitFlyerLightning

現物・先物・FXにタブ1つで切り替えられます。現物のETH、BCHはここから取引できます。

先物とFX取引をするには前もって証拠金口座へ資金を移す必要があります。Lightningを開いて左メニューから入出金をクリック。

 

現物口座から証拠金口座へ移動させる額を入力して反映させます。

下の画像は注文画面。成行だと数量入力、買い売りで即座に注文が出せます。

口座状況で損益・証拠金維持率が表示されます。一番気をつけたいのが証拠金維持率です。50%を下回るとロスカット(強制決済)されますので常に気にしてください。

注文方法は成行・指値・特殊のタブがあります。特殊からさらに細かい注文を出せます。

ビットフライヤー内で詳細な説明がされているのでこちらを参考にした方が早いですね。

参考:「bitFlyer Lightningの注文の種類について」

よく使うのがIFDとIFDOCOです。どちらも損切りの注文を同時に出せます。何度も書きましたがロスカットの証拠金維持率が50%です。50%に到達する前に損切りさせる事で追証のリスクを極端に減らせます。というより資金管理という面では最低でも200%は維持した方がいいっす!絶対にやっておきましょう!

また、IFDOCO注文ですと損切りの注文と同時に利確の注文も一緒にだせます。

常にチャートに張り付いておく必要がないので、時間がないトレーダーには役に立つ注文方法ですよ。

また、Lightningのチャートは自由にカスタマイズできます。インジケーターも使えます!

ちょっと見づらいですが、チャートの上とサイドから描画ツールで線を引いたり、インジケーターの設定ができます。自分なりにカスタマイズしてみてください。

おわりに

仮想通貨は実態のないマネーです。ネット上で保管している方が大半だと思いますが、取引所に登録したら必ず二段階認証の設定をしておいてください!!

二段階認証とはログインする際にパスワードだけでなく、追加で別のセキュリティコードを発行し確認する事でログインを行うシステムです。ビットフライヤーではセキュリテコード送信先にSMS、メール、アプリの3通りから選択できます。

一番有名な認証アプリは「google認証システム」です。

各取引所はセキュリティに万全の体制をとっているでしょうが、100%安全なんて誰もいいきれません。少しでも安全性を高めるために二段階認証は必須です。

ビットフライヤーでは二段階認証を設定したトレーダー限定で最大500万円の補償をとっています。万が一の事が起きてからでは遅いです!早めの対応を!!