ビットフライヤーでリスク(LSK)の上場が決定!購入方法と概要を解説

ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰

2018年1月31日にビットフライヤーでLSKの上場が決定しました!国内で売買できる取引所はコインチェックだけでしたが、今回新たにビットフライヤーも対応。

ビットフライヤー公式

上場の噂は某掲示板内でも頻繁に話題になっていましたね・・

「ビットフライヤーの新規上場はXEMもしくは

LSKになるンゴwwwww」

結果はLSKでした。

イーサリアム同様スマートコントラクトの代表的な通貨です。

このページではLSKの将来性、売買方法についてまとめております。

LISKって何?

正確に言えばLISKはブロックチェーン技術を使ったプラットフォームの名前、そのプラットフォーム上で使える仮想通貨をLSK(リスク)といいます。

2016年に誕生した仮想通貨でドイツを中心に開発・研究されています。

スマートコントラクトという「契約の自動化」を実現できる機能を有しており、将来性が期待される通貨です。

スマートコントラクトといえばイーサリアム(ETH)が有名ですが、リスクはイーサリアムと異なる構造をしており、より開発者に適した環境を提供しています。

リスクとイーサリアムの違い

名称 イーサリアム(ETH) リスク(LSK)
開発環境 独自言語Solidity Javascript
スマートコントラクト メインチェーン サイドチェーン
発行枚数 無限 無限
ブロック生成時間 15秒 10秒

両通貨ともブロックチェーンの技術を使って作られた事は同じですが、細かい構造が違います。

開発環境

イーサリアムは独自言語を使用します。開発者にとっては一から言語を覚える必要があり、とっつきにくさがデメリット。一方のリスクでは、既存のJavascriptを使います。開発者も世界中にいるので開発のしやすさとしてはリスクの方が優れているといえます。

スマートコントラクト

ブロックチェーンのどこにスマートコントラクトを記述するか?の違いです。イーサリアムはメインチェーンにそのまま記述。リスクではサイドチェーンというメインと切り離しできる部分に記述します。ハッキングなど悪意のある攻撃に対して、チェーンを即座に切り離し問題を拡散させずにできるため、セキュリティ対策に優れています。

発行枚数

どちらも無限。いわゆるインフレ通貨です。インフレが起こって通貨の価値が下がるのではないか?と危惧される方もいます。しかしながらイーサリアムは発行上限を抑制しようという話も出ており、場合によっては希少性が増す→価値が上がる可能性もあります。いずれの通貨も時間と共に発行枚数を毎年減少させるルールがあり、極度のインフレは起こりません。

ブロック生成時間

ビットコインのブロック生成時間が10分と考えれば、いずれの通貨も承認速度はかなり早い!生成時間は送金スピードに関わってきます。いずれも実用性に適した通貨といえますね。

LSKの時価総額とチャート

時価総額は2018年1月現在、全通貨数14位で

4000億円!!

凄い金額です・・国内取引所ではコインチェックのみの取扱いだけだったのになぜ?

実はLSKは国内より海外の取引所での売買が活発です。アメリカのpoloniex、香港のBinanceなど世界の巨大取引所ではすでに上場されており、日夜売買されています。

ここ数ヶ月のチャートはこんな感じ。(BinanceのLSK/BTCより)

2017年末に0.005BTCだったのが現在0.016BTCまで上昇しています。

実に3倍!

仮想通貨の中には何に使われるのかよく分からない通貨があるのは事実。一方のLSKはスマートコントラクト機能、開発に優れた環境など実用性が評価されています。

国内大手のKDDIでは、スマートコントラクト実用化へむけた実証実験に入っています。内容は、「携帯の修理依頼時に顧客にとって最適な契約を探し出せるか」です。

場合によっては修理するよりも新しく買い換えた方が安く済みます。また、中古で買えばさらに安く済みますよね?

「修理するのか」「新しく買い換えるか」「中古にするのか」 選択肢は色々あります。

ここで問題なのは業者がそれぞれ異なっていることです。そのため管理しているシステム・ネットワークも当然異なっています。

KDDIは異なるシステム間から「顧客にとって最適な話をいかに持ってくるか?」をスマートコントラクトを利用して解決しようとしています。

これはイーサリアムでの話ですが、今後LISKにおいても実用化の話が出てくる可能性はあります!将来性に期待して長期ホールド狙いの仮想通貨としては最適ですよ。

LSK売買方法

ビットフライヤーのアカウントをお持ちでない方は口座開設が必要です。メールアドレスの登録のみで簡単開設できます。実際の売買は本人確認手続きが必要になるのでご注意ください!

すでに口座開設済みの方はログインします。

bitflyerログイン

ログイン後、サイドメニューの「アルトコイン販売所」→上メニューから「リスク」を選択。

以下が注文画面になります。販売所ですのでビットフライヤーを相手とした売買になります。注文数量を入れれば自動的に日本円でいくら必要か?表示されます。

本格的にLSKを取引したいなら

残念ながらビットフライヤーのLSK取扱いは販売所のみです。他ユーザーと取引したり、FXができるわけではありません・・

本格的に現物取引をしたいなら海外取引所に行くし

かありません!

LSKは日本国内より海外の方が取引が活発です。ユーザー数が違うので取引高が桁違い・・「より高値でLSKを売りたい」「頻繁に売買して利益を狙いたい」と考えているならBinanceをオススメします。

世界最大級の巨大取引所です。日本人でも簡単に登録でき、LSK以外の多くのアルトコインを現物取引できます。LSKに限らずアルトコイン取引を本格的に始めたいなら、登録しておくことをオススメします。

Binance公式

オススメの取引所一覧
評価
取引方法 現物・販売・FX・先物
bitFlyer

いわずと知れた国内最大のビットコイン取引所。取引はFXや先物など幅広く対応。コールドウォレット保管、マルチシグに対応。二段階認証ユーザーに対して最大500万の盗難保証など、セキュリティ・保証面もバッチリ。

評価
取引方法 販売・FX
DMM Bitcoin

取引方法は販売とFX。FXではビットコインだけでなくアルトコイン含む複数通貨に対応。レバレッジは最大5倍。入出金手数料はクイック入金で無料、出金も無料と他取引所に比べて安い。

評価
取引方法 現物
Binance

世界最大級の仮想通貨取引所。取扱い通貨数は110種類以上。ユーザーの投票によって上場通貨が決まる仕組みになっており、定期的に新興通貨が上場されています。

評価
取引方法 FX
BitMEX

ビットコインFXのレバレッジ100倍。アルトコイン先物のレバレッジ50倍。海外取引所ならではのハイレバレッジを提供しているFX専門の業者。