2019年のビットコイン価格はいくらになる?

2019年のビットコイン価格を予想

アンケートにご協力ありがとうございます!

結果はこのようになりました

1位 価値なし

 

2位 300万円以上

 

3位 10万円

 

とにかく否定的な投票やコメントが多かったw

結果も極端

ビットコインの将来性に期待している人と2018年初めの暴落などから「もう終わり・・」と考えている人で二分化されています。

アンケートの回答

コメント

これぐらいに収まるのでは?(150万円)
他国で規制されまくり、バブルに乗っかってる日本人だけが大損する。(価値なし)
去年の大相場に乗れず嫉妬しまくりの人が散見されますね笑 G20で禁止されず再暴騰を予想します。実際日米露韓では適切な規制だけですし。10万円いく前に大量に仕込んだのでBTC大好きです!笑(300万超え)
規制される(価値なし)

価値なしと答えた人の大半は規制問題を挙げていました。

日本で規制が入り、中国のように取引所が禁止されれば大問題です。

特に現時点でのビットコインの取引シェアは日本が世界トップです。

価格の暴落は避けられません!

各国の規制状況

・中国

最も厳しい規制を課しているのが中国。規制によって取引所を事実上の閉鎖に追い込み、ICOによる資金集めは中国では違法になっています。唯一できるのが個人間取引のみ。

・韓国

今年初めに規制がかかるのでは?という憶測で一時仮想通貨が下落しました。実際は適切な法整備をするという声明にとどまっています。

・アメリカ

規制なし。仮想通貨の運用やICOに関しては慎重に議論がなされているが、これまで規制はない。どちらかというと好意的で下院議員が政治パーティーの寄付にビットコインを採用していたりする。

中国では事実上の禁止です。他にもアイスランドでは禁止。ロシアやインドでは一部制限を課しています。

同じ中国内の香港では、規制はなくBinanceやKu-coinなどの取引所で活発に取引されています。

アイスランドはビットコイン誕生以前の法律に基づく規制なので、実質的に完全否定したのは中国のみです。

肝心の日本はいまのところ規制の話はなし。

むしろ「仮想通貨大国を目指しているのでは?」という見方もされるぐらいです。

今月開催されるG20では、日本主導でこのような話も・・

19、20日にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、仮想通貨の規制案が議題に上ることが5日、分かった。仮想通貨をめぐっては、市場がマネーゲームの様相を呈しているほか、犯罪資金の調達やマネーロンダリング(資金洗浄)などへの悪用が懸念されている。日本は、世界に先駆けて導入した仮想通貨交換業者の登録制などの取り組みを説明し、議論を主導する構えだ。

参考:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180306/mca1803060500001-n1.htm

G20で議論される内容もマネーロンダリングやセキュリティ対策など議論されるべき内容ばかりです。

今後何かしらの対応をするにしても、中国のような全面禁止というのは考えづらいかなーとは思います。

ビットコインの将来 世界の予測

金融サービスWawllet創業者 Mihail Lala

肯定的。2019年初頭までに50,000ドル近くまで上昇を続ける。ビジネス向けの需要が高まることで2020年には100,000ドルも見えてくる。

NARRATIVE NETWORK TED O’NEILL

肯定的。ビットコインは仮想通貨ブランドで最も高い重要であり続ける。浮き沈みはあるが、今後2年間で2倍の価値に上昇。2020年末には75,000ドルのプライスを付ける可能性がある。

ゴールドマンサックス Steve Strongin

否定的。以前から苦戦すると言い続けてきた。多くの仮想通貨はそもそもの価値がない。それにも関わらず仮想通貨同士の価値が紐づいている。今後、価値を見出せないコインの多くは無価値になる。

サクソ銀行

起こりうる確率は高くはないかもしれないが、1ビットコインあたり6万ドルになる可能性もゼロではない。2018年中に壮大なピークを迎えたあと、大暴落が起きる。2019年の1月には現在価値の数分の1程度になるだろう。

アナリスト Michael Dudas

仮想通貨市場がまだ初期の段階であるがゆえに暴騰と暴落を繰り返す。何か大きな問題が発生して、トレーダーや取引所が苦戦を強いられる状況になることで少し冷静さを取り戻すはずだ。政府の規制によっては市場が縮小する可能性もある。

Loup Ventures共同設立者 Gene Munster

CME,Cboe先物取引所がビットコインを扱うようになり暗号通貨の正当化に大きく寄与した。大規模な投資化の需要が高まるのは間違いない。しかしながら、ビットコインをビジネスに流用するのはまだ難しい。今後も大きな変動を繰り返す。

参考:ValuWalkThe Merkle

結論

今後の価値がいくらになるかは誰にも分からない!

 

有識者の中でも意見が分かれています。賛否両論どちらの意見も納得できてしまう。

結局、「こうなる!」って決定的な事は言えません。

ポートフォリオや資金管理を意識して何かあっても自分の判断で乗り切る!それぐらいの人でなければそもそも投資はしてはいけませんね^^;

オススメの取引所一覧
評価
取引方法 現物・販売・FX・先物
bitFlyer

いわずと知れた国内最大のビットコイン取引所。取引はFXや先物など幅広く対応。コールドウォレット保管、マルチシグに対応。二段階認証ユーザーに対して最大500万の盗難保証など、セキュリティ・保証面もバッチリ。

評価
取引方法 販売・FX
DMM Bitcoin

取引方法は販売とFX。FXではビットコインだけでなくアルトコイン含む複数通貨に対応。レバレッジは最大5倍。入出金手数料はクイック入金で無料、出金も無料と他取引所に比べて安い。

評価
取引方法 現物
Binance

世界最大級の仮想通貨取引所。取扱い通貨数は110種類以上。ユーザーの投票によって上場通貨が決まる仕組みになっており、定期的に新興通貨が上場されています。

評価
取引方法 FX
BitMEX

ビットコインFXのレバレッジ100倍。アルトコイン先物のレバレッジ50倍。海外取引所ならではのハイレバレッジを提供しているFX専門の業者。